FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3度目のお別れ・・・(保護者さん編)~完結編?

前回のその3から書いて行くにつれ保護者さんを否定するような文章になって
しまう気がして難しさを感じていますが…それが目的な訳でもないのだから…
躊躇せずに感じた事を最後まで書かせてもらおうと思います。
お付き合いいただいて申し訳ありません(^_^;。

*********************************


取り返しがつかない…そんな風に感じ、私に決意をさせた理由は2つ。
一つは私が今守らなくてはいけない物に対しての「取り返しがつかなくなる前に」
…という気持ち。そしてもう一つ。それは保護者さんの表の生活に対しての
「取り返しがつかなくなる前に」と言う事だった。

全ての事情を書く事が出来ない以上誤解を招く言い回しになる可能性を知りつつ
書かせてもらえば、今の状況を続けたら保護者さんの生活が元に戻る事は2度と
ないだろう。時既に遅いのかもしれないがそれでもまだ今は生活が続いているの
だから…もう後回しにしちゃいけない。どれだけ喧嘩になってもぶつからなきゃ
駄目な時って絶対にある。腹を割って本音でぶつかって相手の気持ちもきちんと
聞いてその上でお互いの為にどう着地するのが良いのか、どう着地したいのか
それが見えるまで、お互いが納得できる着地点が見つかるまでとことんぶつかる
べき時なのだと私は思う。

何度も喧嘩になり疲れ・・気まずくなり…会話さえままならなくなったままにして
おけば時間が過ぎれば過ぎるほどその修復は難しくなる。
それも今保護者さんが抱えている事は単純な喧嘩などでは片付けられない事が
おおもとなのだからそれこそとことん話し合うべき事だと思う。

そおやってぶつかるのってやっぱり大変な事だし沢山傷つくと思うけど、そこから
逃げて表の問題を放置したままで「裏」である私にばかり「表」で失ったものを
求められても私には「表の人と同じ物」は絶対に与えられないのだから。

残りの人生を大きく左右する大変な問題なのだからこれ以上目を背けたら駄目だよ。
これ以上後回しにしちゃ駄目だよ。覚悟を決めて腹を据えてぶつかってこい。
今のあなたを救えるのは私じゃない。あなたが向き合うべきは私じゃない。

私は一時避難場所であり、息抜きや気分転換のためのベンチでありお茶なのだ。
でもお茶だけだと生活していく身体を作る基礎は担えない。
お肉も食べなきゃいけないしお魚もお野菜も食べなきゃいけない。
それは日常でせっせと畑を耕して水をやって手に入るものなのだから。

覚悟を決めて行ってこい。

そんな気持ちを込めて精一杯のメールを書いた。


*******************************


「裏」は決して「表」にはならないし、なれないし、なってはいけない。
あくまでもベンチやお茶を楽しむ時間なのだから…
それが人によってやその時々によってそのお茶が疲れを癒す物になったり
気分転換になったり、率直なアドバイスをもらえる場であったり、素直になれる
時間であったり・・・表の疲れを癒したり、抱えていた物を発散したり、新しい
エネルギーを沢山充填して表を生き生きと過ごすための時間であったり…
そんな風にありたいと思うし、相手にとってもそうあって欲しいと思う。

決して表の生活を破綻させたいと思っていないのだから…
その時点で表と裏は逆転する事はないのだから。

だからこそ…「逃げ場所」になっては駄目なのだと思うんだ。
単純に現実から逃げてやるべき事に向き合わず放り投げたままで裏に逃げ込んで
来る事は私にとっては「違う」と感じる事なのだ。
私にはその逃げてきた全てを支える事は出来ないのだし、それを解決できるのも
向き合えるのも本人だけなのだから…。

一息ついてまた顔を上げて表に戻れるなら良い。
でもどんどん表から顔を背け逃げ込んでばかりいるのでは駄目なのだ。
そんな男の全てなど担えないし、担いたくもない。
そんな逃げてばかりの男に魅力など無いのだから。

メールを送って来ちゃいけないって言ってるんじゃない。
まずやる事やってから来い。

やるだけやって…その上での愚痴ならいくらでも聞いてやる。


沢山の…ほんとうに沢山の思いと感謝を込めて一生懸命メールを書いた。
「別れ」をはっきりと文字にしてはいないけど心のどこかでその覚悟をして
送信ボタンを押した。


*********************************


その日の夜、保護者さんから返信が届いた。

「長文の返事、なんべんも読み直して心に期する思いが出てきています・・・」

そこから多分それでも修復は難しいだろうけど、それでも何とかしなくちゃ
いけない事なのだから…覚悟して向き合うつもりだからって…覚悟はある
からって…そんな内容の返事だった。そして最後に添えられた一言…

「今まで相手してくれて、ありがと。」


その一言でメールは終わった。


その一言をどう受け取るか迷った。そうした言葉を言って「そんな寂しい事言うなよ
…お別れみたいじゃん…」と正直言いたくもなった。
でもね、今のままじゃ付き合いを続けられないと感じたのは間違いないのだから。
その上で自分が「いい人」でいたいがために偽善的な言葉をかけるのはお互いの
ためにならないのだから・・・

そして覚悟はある…何度も読んで…期する思い…そんな風に言って前を向いた
保護者さんをそのまま見送ってあげたいという気持ちも持った。

どちらにしても・・・一度覚悟を決めてメールを書いたのだからこれで良いのだ…と
ほんの少し心の奥がちくちくするのを感じながらこちらからの返信をやめた。


**********************************



あれからもう少しで1ヶ月が経つ。
保護者さんからはその後一切連絡はない。
今あの人がこの出来事をどう受け止めているのか、現実にどんな変化が訪れた
のか私にはわからない。

でも本当に大切にしていた物を取り戻すために、覚悟を決めたのだから必死に
なりふり構わずでも忙殺されながらでも…向き合って行ってくれてる事を祈ってる。

そしてそうあってくれる事と信じてる。


途中随分酷い書き方をしたような気もするけど、全部正直に感じた事だ。
それでも私はあの人を憎めない。本当はとってもやんちゃで暖かくて良い奴なんだ。
そんな人がこれほどの迷いを産む現実に…平穏が戻る事を心から祈りながら…


また何年かしたらひょっこり連絡があるかもしれないな…なんてどこかで楽しみに
待っていたいと思う。最後の細い糸はまだ切ったつもりはないのだから…



ありがとう。

がんばれっっ!!




**********************************


長々と…この様な記事にまでお付き合いいただきありがとうございました。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
某所では 大変お世話になってます。

それこそ、固唾を飲んで読ませていただきました。

「裏」での「繋がり」を維持していくことの難しさと責任、そして、その「繋がり」が「オモテ」に及ぼす影響。

とてもとても、納得させられるお話でした。

きっとまた、読み返したいと思うときが 来るような気がします。

ありがとうございました。

花凜さん、かっこいいっ

月華がかつてやろうとしてできなかったことを、毅然と行った花凜さんに、心から敬意を表したいです。

きちんと思いが伝わっていれば、その細い糸はつながってると思います。

花凜さん、おつかれさまでした。

>てとさんへ。

某所よりのお越しをありがとうございます(笑)。
こちらこそあちらでは皆様の世界で遊ばせて頂いて感謝してます♪

裏や表の考え方や状況、影響は人それぞれなのだと思いますが、
だからこそその考え方が同じもしくはある程度理解し合える方とで
なければお付き合いを継続するのは難しいように感じます。
その分本人同士が良ければそれで良いのだと言う事なのでしょう。
それが「求める物」にも通じていくのかな・・・なんて思ったり。
私も何度かの別れを通して色々考える機会があったように感じて
います。だからこそ大切にしたいと思うのも実感かな・・・なんて。

なんだかさっぱりわからないコメレスになってしまいましたね(苦笑)
でも頂いたコメント、この記事をそんな風に読んでくださった方が
いたのだな…ととても嬉しく受け取らせて頂きました。
少しだけ…ほっとしました(笑)。

またよろしければお付き合い下さいね。ありがとうございました。

>月華さんへ。

コメントありがとうございます♪

…って言ってもですね…そんな素敵な感じじゃ全然無いですよぉ。
何というかそんなに後味も良くないし…結局は保護者さんのため
ではなく、自分のためにした事なのだと思っています。
憎めない人だけど…一度離れた心を寄せるには至らなかったと
言う事なのでしょう。

同時に今の私が求めている事が違う事なのだと言う事。
あ、でも保護者さんの幸せを願ってるのは本当に本音ですけどね。

なんだかかえってお恥ずかしいくらいです(苦笑)。
あんまり美化っぽくなっちゃうといかんので、時間見つけておまけ
でも書けたら書いてみますねー。

こんばんは。

前ブログから拝見してる身としては、保護者さんにいろいろ助けてもらったり癒されたりしていた時期を知っているだけに複雑な気持ちです。時間の流れや環境の変化って、人を変えますよね。花凛さんの複雑な心境もお察しします。

でも、何て言うのかなぁ?人って変わったように見えても(一時的に変わっても)、根本的な部分は変わらないっていうか、本質はそのままだったりすると思うんですよね。今はたまたま保護者さんも弱ってる時期だけど、またそのうち復活なさるんじゃないかなぁなんて勝手に期待をしてしまいます。

とにかく、毅然と対応された花凛さんに拍手。
花凛さんの気持ちは保護者さんに伝わってますよ、ちゃんと♪

>葉月さんへ。

葉月さんの所に最初お邪魔した頃は保護者さんにとも付き合う前の
ブログからでしたからね…(苦笑)。随分とお世話になってますw

本当にね、葉月さんの仰るとおりそんなに人間って変わらないと
思うんですよ。ただタイミングとか時期とかそう言う波がお互いに
噛み合うかどうかだったり、その波が落ちてたり揺れてるときに
どう過ごすかだったりするのだと思うんですよね。
今回のことは自分のためでもあったりしたんですが、保護者さんへ
向けた視点で書くと保護者さんがもとのやんちゃなエロ親父に
戻ってもらうためにも今はその時じゃない…と言った所でしょうか。

でも保護者さんとは何度も色んな波にぶつかってるけど何度も
繋がり直せているので、またどこかで繋がれるときが来たらいいな
…なんて思っています。

また笑顔で会える日が来ると良いな。

みなさんが言ってくれるような「毅然」なんて良い物じゃなけど、
保護者さんにも伝わってるって…そんな風にこの記事を読んで
くれた人にも伝わったり思ってくれたりした事が嬉しかったです。

これからも懲りずにお付き合い頂けたら嬉しいです♪
コメントありがとうございました。

No title

しつこくリクエストさせていただいたくせに、感想が遅くなりましたm(__)m
(ちょっと自身の体調・精神を崩しておりまして・・・あ、回復しましたが^^;)

保護者さんとの関係について詳しく存じ上げませんでしたが、
きっととてもいいものだったのだろうと想像できます。
仰るように、今はそういう時期ではないだけで、きっとまたいつか
いいお顔になって現われてくださるのではないかと思います。
その背中を押して差し上げたことを、きっと感謝なさっているでしょうね。

つい流されがちな感情をきちんとコントロールなさる、
その凛としたお姿に、あらためて感銘を受けました。
おまけのお話も、期待しています(しつこい?笑)

>楓さんへ。

再度コメントいただきありがとうございます♪
楓さんの励ましあったお陰でなんとか完結編まで辿り着けましたw
…なんだかこんな内容を延々書き続けて良い物かと…
読まれる方にとってはどうなんだ?と何度も思いつつでしたので
とても心強い「リクエスト」だったんですよ。
最後まで書けたところで思いがけず色々な方に声をかけて頂けて
とても嬉しく思ったりほっとしたりしているところです。

本当にね、凜としてとか毅然ととかそんな格好いい物じゃないん
ですよ・・・その楓さんの言われる「流してしまう感情」を流せない
事が私の融通の利かないところで…余裕を持って構えたり遊びを
残したり出来なくて…自分で自分の想いや決断・判断に身動き
取れなくなっちゃうんですよ(苦笑)。

お陰で思い詰めると引きこもっちゃうので…
楓さんの体調と精神を崩す・・というのも身に覚えが(苦笑)。

おまけのリクエストまでありがとう(笑)
あくまでおまけだから…気が向いたらになっちゃうけどお付き合い
頂けると嬉しいです♪
プロフィール

花凜

Author:花凜
主様にお仕えする奴隷として存在するお許しを頂いています。
紆余曲折ありましたがこれからも変わらずに主様のお傍に置いて頂き続ける事を何にも代え難い目標とし、それぞれに許される僅かな非日常の中、大切な「縁」を繋ぎ続けていきたいと思います。

当ブログはリンクフリーですが、出来ましたら一声かけて頂けたら喜びます(笑)。

相互リンクについてはお知り合いを除き業者とその匂いがする方はお応えしておりませんのでご理解下さいませ。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
時の足跡。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。