FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「委ね」「発情」「許し」・・・(1)

前記事(縋る・・・)の一件から数日後、お互いの表の生活の為に
休日メールを控えている事もあり、新しい週を迎えいつもの様に主様に
ご挨拶とここの所の一連に関しての感謝、メールを送らない週末の間に
思った事等を文字に込めて送る。

日常を送る為に張っている気持ちを緩め、弱い部分を弱いと晒せる…
不安な事を不安と言って良い時間。別に弱音ばかり吐いている訳じゃ
無いけど、「弱音を吐いても良い」という安心感があるからこそなんでも
素直に書けるのだとは思ってる。

どんな事を書いてもそれが本当に素直な気持ちで見栄や体裁に囚われず
絞り出された言葉ならば主様は必ず聞く耳を持って受け止めてくださると
いう安心感がそこにある。

ここ一連の出来事も一旦落ち着き、先日の主様とのお電話以降、主様が
恋しくて仕方がなかった。

そんな気持ちも素直にご報告させて頂く。



**************************


何というか…上手く説明できないけど、自分でメールを書いていても
「なんか上手く気持ちが文字に乗らないな…」とか「本心の全部は書け
なかった…」と思う事もある。

でも「今日は素直に書けたな…」と思う事もある。
自分の中でもやもやしている気持ちを主様の前に置いて頂いている様な
気持ちで一つ一つ文字にしていく。それが上手く噛み合っていきそれを
後になって読み直すと…

それまで自分でも気づいていなかった気持ちがそこに引き出されている
事に気づくときがあります。こういう時が「素直になれた!」とそうした
メールを書かせてもらえた事に感謝したくなる時。

書き終わった時に何だかすっきりする様な、すとんと着地できた様な、
色々なしがらみや迷いを払ってもらった様な感覚になる。
先日そんなメールを書けた様な気がしていた・・・

様々な事を文字にのせて主様にご報告させて頂くという事は私に
とっては「委ね」という事に繋がってる。素直に全部を委ねさせて
頂けた時にある種の「解放」された様な感覚に包まれる。
例えが正しいか解らないし、随分前の事なので引き合いに出すのが
若干恥ずかしいけど、私にとっては主様の前で立位放尿をさせて
頂いた時と同じような感覚なのです。

一番恥ずかしい事、一番知られたくない事・・・
日頃見栄や体裁を気にして口に出せない様な醜い感情や恥ずかしい
思い、そうしたものをありのままにそのままの姿を主様に晒し、みて
頂けた時・・・「委ね」という感覚を抱きます。
そしてそれを受け入れて下さると感じた後に来る「解放」という感覚。

そこで感じる「頑張らなくて良い」自分。
それと同時に感じる・・・取り繕わなくて良い自分。

取り繕わないから・・・発情したら発情したと素直に言える。
照れたり恥ずかしいから隠すとかは必要ない。


ここの所、直面していた事があったので正直「発情」と言う感覚を
抱く事さえなかった。実際諸事情により強制的に性欲が低下させ
られていたのは事実だったのだけど。


久しぶりに自分の中ですとんと落ちるメールを書けた。


数時間後…自分でも戸惑うほどに久しぶりだった「発情」を覚えた。
思わず濡れた身体を嬉しく思う。色々な影響でそんな当たり前の
事さえ変化させられていたから・・・

嬉しくてまた主様に報告メールを書いた・・・



**************************

すいません、一つ一つ思った事や感じた事を書いてたら既にこの
長さに…(^_^;) 全然「許し」に到達できず申し訳なく思いつつ、
これ以上も迷惑だろう(苦笑)という事で、後日に分けさせて頂きます。
長々お付き合い下さったのに中途半端で終わってごめんなさい(汗;)


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

到達・・・

許す♪



なんてね^^

>ねねさん。

にひっ。 許されちゃった(謎笑)


プロフィール

花凜

Author:花凜
主様にお仕えする奴隷として存在するお許しを頂いています。
紆余曲折ありましたがこれからも変わらずに主様のお傍に置いて頂き続ける事を何にも代え難い目標とし、それぞれに許される僅かな非日常の中、大切な「縁」を繋ぎ続けていきたいと思います。

当ブログはリンクフリーですが、出来ましたら一声かけて頂けたら喜びます(笑)。

相互リンクについてはお知り合いを除き業者とその匂いがする方はお応えしておりませんのでご理解下さいませ。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
時の足跡。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。