FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立て籠もられた檻(苦笑)。

親しくして頂いている大好きなS女性朋さん@ミスとレスさんに
このような記事があがっていた。(華奢な檻

そこに書かれている世界はとても魅力的で素敵な世界。
それを読みながら今の自分はどうなんだ?とちょっと考えた。

単純な妄想で言えば全身を拘束されて自らの意志では動け
ない上で我が身に起こる様々な羞恥的な行為・・・なんて
思うと萌えなのだけど(笑)、本当はその拘束は視線や言葉に
よるもので、動こうと思えば動けるはずなんだけど、主様の前に
座し主様に見据えられたらどうしても動けない…動きたくない…
言葉や視線によるそうした命令で拘束される…
そういうのがたまらなく萌えだったりする(笑)。

そういう意味ではこの朋さんの華奢な檻はたまらない世界観で
ありますが…実際の我が家はどうなのだろう??

多分…かなりな押しかけ?だったなぁ…と想像できる(笑)。

※朋さんの素敵なエントリーとは全く別の場所に着地する記事に
 なってしまいました。最初に…謝っておきます!! 
 朋さんごめんなさい(苦笑)。

***************************


最初の頃はともかくとして、色々あって主様との関係に距離を
置かざるをえなかった時期があった。その辺りからそれまで以上に
主様のご多忙振りに拍車がかかり、再びお傍に戻らせて頂きたいと
お話しさせて頂いた時には主様はその檻を撤去されようとしていた
ように思う。

実際に今まで以上に時間も取れず連絡もままならないし調教なども
しっかりと全ての面倒をみることは難しい…と奴隷として戻ることを
最初お許し頂けなかった。

「連絡も頻繁には取れず、思うように逢ったりも出来ないままで
奴隷として待ち続けるのではお前の方が辛いだろう…」


主様の迷惑になるのならば離れなくてはいけないだろうと思った。
でも私が辛いからという配慮ならばそれはとんでもなくて、待ち続ける
よりも主様とお別れしなくてはいけない方がよっぽど辛い。
私が辛いだろう…と気にしてくれての結論ならば奴隷をやめる方が
何倍も何百倍も何千倍も辛いです!!と訴える。
そして主様に一つ質問をさせて頂いた。
「私が奴隷として存在することはご迷惑ですか?」と。

今思えばなんと無遠慮で直球な質問だろうと思うけどこの時は必死
だったんだよなぁ(苦笑)。だってここで言わなかったら一生後悔する
って思ったんだもん。

「迷惑なんて事はない。そう言ってくれるのは嬉しいが…
 それではお前が辛いだろう?」
  …と。

その「迷惑ではない」「嬉しい」という言葉を聞いた瞬間に主様の
隙をつき?数日後には取り壊される予定だったかもしれないその
檻の扉の隙間から中へ滑り込んだのだ(笑)。

あらら…入っちゃった…と苦笑される主様をよそに、
絶対出ませんからねっ!!と檻の一番奥に立て籠もる私。

そんなこと言ってもなぁ…と少し困った顔の主様がすぐに出るだろうと
檻のドアを開けたまま出かけるも帰宅する度に檻の中からお出迎え♪

「そんな風にいても毎日様子など見に来られないし
 食事だって与えられないぞ…」


そぉ言い残し再び出かけられた主様が次に様子を見に来てみたら
私がせっせと檻の中を耕し(土間なのか?)、野菜を育て始めてる。

「大丈夫です!倒れないように野菜作る事にしました!」と満面の笑み。

主様のお手を煩わせません!と自慢げに畑を耕す私を見て、
仕方のない奴だ…とちょっとだけ楽しそうに笑いながら呆れた素振りで
檻の入り口を閉めてくれた。

それでも檻には鍵がかかっていないのでいつのまにか奴隷は
勝手に出入りしているらしく、主様が覗きに来てくださる度に
畑だけだったのが木を植え果物を収穫したり寝心地の良いワラの
ベットを作り…主様をお出迎えしてお茶をご一緒するための
テーブルセットまで準備されてる。

今では呆れたような困ったような顔に微笑みを浮かべながら
時折主様が檻の入り口から中へお茶を飲みに立ち寄って下さる。


そうして押しかけの奴隷が居座ってしまった檻を取り壊す事は
諦めて下さったらしい(笑)。


これが・・・今妄想できる脳内な我が家の檻でしょうか(苦笑)。
お陰様で今日も幸せに檻の中で暮らしています♪

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

きゃははっ♪

自ら自給自足で生きていく力を持つ奴隷を持つとはなんと幸せな主様でしょうか♪(結構本気w)
与えなければ生きていけないのではなく、自ら立ち上がり生きていく方法を考える・・・やっぱり女性はたくましいわと(微笑)

「立て籠もられた檻」このサブジェクトにPCの前でお茶噴きそうになった私です。とりあげて頂きありがとうございました(ぺこりん)

きゃぁーっ! 申し訳ないです(^_^;

>朋さん。

どうして私が書くとこんな着地になってしまうのか、本当に申し訳ない次第です(苦笑)。 朋さんのエントリー穢すつもりはないんですよぉぉ!!
・・・笑って頂けたとの事でちょっとほっとしました(笑)

まぁ実際には完全な自給自足ではなく、やれ野菜の種が欲しい、肥料をくれだの、水を引いてくれだの・・・何だかんだと時折主様のお手を煩わせてしまっています(苦笑)。

主様が水を引いてくれて種を届け肥料を与えて下さるからこそ、私は生きていけているのです。ただちょっと・・・主様が思われていたよりも畑が充実しちゃったのかもしれません。
今度檻の増築でもお願いしなくてはいけないかしら(笑)。
↑ここら辺が逞しい?w

今回はありがとうございました♪

檻かぁ・・・・

ウチの場合は、檻というより部屋でしょうか?

「やだぁ、出るの面倒~!」
とご主人様が立て籠もってます(笑)

餌見せても
「俺って歳だし、食欲ないし~」
「でも、違うものなら食べてみたいし~」
って感じで、運動させるのに苦労してます(爆)

野良猫は

檻があっても周りをうろうろするだけでなかなか中には入りません。
が、私の場合は好奇心が先にたち、また美味しそうな餌に釣られて
まんまと中に入ってぺろりと食べたあげく、そこで毛づくろいを始めそうです~(^^;

先日はお目にかかれて何よりでした~♪
さっそくリンクも張っていただきありがとうございます~m(__)m
小型化プロジェクト応援しておりますね~☆
ホットヨガ、かなり良いようですよ~♪って自分もどうにかしないと(^^;

こんなヤツですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします~m(__)m

さすが・・・(笑)

>なつこさん。
えーっと・・・既に「檻」じゃないし(笑)。
その部屋の管理者逆だし(爆)。
「違うのなら食べてみたい~」の言葉に「まったくもう・・・」と言いながら動くのは間違いなくなっちゃんの所だけですってば(苦笑)。

一つ同じ物、今回ならば「檻」という言葉を通してそれぞれが語ることを読んでみるとそれぞれの関係や考え方が解りやすく見えて面白いですね♪

初コメありがとうございます♪

>熟桃さん。
熟桃さんは・・・檻に自ら入り美味しい餌をお汁を滴らせながら頬張り、満腹になったところで悠々と毛繕い・・・
その姿を物陰から見ていた美味しい餌を仕掛けた殿方がそぉーっと檻の入り口を閉め鍵をかける。
よし・・やっとこれで野良猫を我が物にした・・・と。

そんな殿方の思いなどお構いなしに、毛繕いを終え美しさを増した熟桃さんは鍵を握る男性になど目もくれず檻の格子の隙間をしなやかにすり抜けて逃げてしまうのでしょうね(笑)。

・・・って私の熟桃さんのイメージ偏ってますか??(笑)

先日はこちらこそありがとうございました。
以前からこちらを御存知だとは驚きで・・・お会いできた喜び倍増でした♪こちらこそリンクありがとうございます。

ホットヨガ気持ちいいですよーってことで・・・
これからもよろしくお願いいたします♪

なごみました~^^

ほのぼのとした風景を思い浮かべて、にこにこ拝読いたしました^^
こちらへははじめましてですね、コメ入力欄の桜のすかしが素敵デス♪

自給自足でそうやって自分の心をあやしてくれればこそ、主さまも、いっそう愛いヤツと思し召しかもしれませんね。
手がかかってこその時期もあれば、そうもいかないときもあって、だからといって責められたら、ちょっとキツいですのよ、本音のホンネ。

実際うちのも、丁稚奉公だけで捨て置いた二年あまり(←ヒドイw)、よちよち自分の畑で自分好みの草育てて食べてはしのいでいたらし(笑
あとでわかって、ナンダソリャと呆れつつも、ありがたかったのは事実です。だからといって、褒めてはやらないのは私の性分にてごめんください(笑

初コメありがとうございます!

>しょうこさん。
初コメントありがとうございました!
何というかエロ度低いまったりブログですが、ほのぼの~としていただけたのならば嬉しいです♪

>責められたら、ちょっとキツいですのよ、本音のホンネ。

>あとでわかって、ナンダソリャと呆れつつも、ありがたかったのは事実です。

そんな風に主様もお考えなのかしら・・・とちょっと( ̄ー ̄)ニヤリッとしてしまいましたw。ありがたいと思って下さるのならばとても嬉しいですし、責められたらきつい・・・その一言を忘れずにおかねばと思います。
いつもぐずぐず泣いてかまってーーと主様のお手を煩わせないように気をつけなくてはです。ただでさえ自給自足風味で野菜を育てても、その野菜の種を持ってきてくださったり何だかんだと結局は主様がいて下さるからこそ生きながらえていられると言う物ですから・・・まだまだ全然駄目ですね(苦笑)。

ただ・・・それでも・・・
>愛しいヤツと思し召し・・・

きゃぁーーっ!! そんな事主様に言って頂けたらどんぶり7杯は白米食べられます!!(小型化はどこへw)
嬉しすぎて挙動不審になりそうだけど・・・
えと・・・ちょっと言われてみたい  ボソッ。

来て頂けて嬉しかったです。
またお時間の許します時にでもお付き合いいただけたらとっても喜びます(笑)
プロフィール

花凜

Author:花凜
主様にお仕えする奴隷として存在するお許しを頂いています。
紆余曲折ありましたがこれからも変わらずに主様のお傍に置いて頂き続ける事を何にも代え難い目標とし、それぞれに許される僅かな非日常の中、大切な「縁」を繋ぎ続けていきたいと思います。

当ブログはリンクフリーですが、出来ましたら一声かけて頂けたら喜びます(笑)。

相互リンクについてはお知り合いを除き業者とその匂いがする方はお応えしておりませんのでご理解下さいませ。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
時の足跡。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。