FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めでたい女?

週末を前にして昨夜主様にメールを書かせて頂いた。

時節?のご挨拶から主様のご多忙や体調に関する事などのご挨拶。
そろそろ主様からのご連絡が欲しいですよーという主張も若干w。
とりあえずの生存確認はお願いしていることなのです(苦笑)。

今は出来るだけ細かい話や煩わせるような話題を避けているので
当たり障りのないご挨拶…だったはずなんだけどメールを書いていて
はたと気づく。端々に登場する「上手く」という言葉。

「上手く」伝えられない。「上手くできない」
あともう一つ登場し始めると危ない言葉「良い子」(笑)。

主様にメールを書かせて頂くと自分の状態を教えてもらえるようだ。
素直な気持ちでキーボードに向かって溢れるままに書き出すと
日頃意識しないうちに頑張ってたり我慢してたり無理してたりする部分を
気づかせてくれる。

あぁ…危ない…こうなってくると自分のバランスを崩し始めてるって事だ。

意外に追い詰まってたなぁ…と思ったら糸が切れたように涙腺が緩み始めた。
寂しいな…切ないな…主様が恋しいな…そんな思いを素直に書いた。

数分後主様からメールを頂けた。



****************************


久しぶりに頂いた主様からのメールには主様の近況が書かれていた。
相変わらず大変そうだけど、少しは出口が見えてきたかな…
今月中にお電話のお願い叶うかな…(熱く希望w)。

メールの内容自体は特に何がと言うことではなく、大変そうだなぁ…と
思う感じだったのだけど、何だかちょっと違った感情も持った。

花凜はここにいます!と大声で叫びたくなった。
(その事に触れると長くなるので割愛(^_^;)


まだ時間が早かったので主様にメールのお礼とお返事を書いた。

1通目のメールで既に涙腺が緩んでいたのだけど、2通目を書き始めたら
ほぼ号泣(苦笑)。声が漏れるほどに落ちる涙でシャツの胸元が濡れる程に。

もう既に理由なんて無い。

主様ー…主様ーー…ただそれだけ。

主様から頂いたメールを読み直しながら感情が溢れるままに涙を流し気持ちを
言葉にする。もう「上手く」なんて考えない。
切ないと言えば切ない。寂しいと言えば寂しい。

でも・・・同時に嬉しかったりもする。

いつも主様と電話をさせて頂くと声を聞いただけで涙が溢れる。
楽しい話をしていても突然涙が溢れたりするから困りものだ(苦笑)。

主様には「湿っぽい」と笑われるけど、「悪いことではない」と言ってくださる。

主様の前では良い子でいたり上手くある必要はない。
とにかくそのままに全ての感情も姿も晒し差し出すように教えて頂いた。
それが委ねる…開放して頂く…と言うことに私の中で繋がった。
どうしても見栄や体裁を整えようとしてしまう表の顔を脱ぎ捨て、欲望や感情の
ままに本音や本性をさらけ出せた時…主様にそうした日頃自分でも気づかな
かった自分を受け入れて頂く度にもの凄く安堵する。

その一つの行為が「泣く」と言うことなんだと思う。

だからそれだけ泣けると言うことは主様の前で素直でいられていると言う事。
普段は抑えている自分が主様のお声を聞いただけで思いっきり顔を出す。
出して頂く…このあたりが開放と感じる部分なんだろうな…

泣けると言う事は主様を感じてるという事。
主様がいてくださるから泣ける。
主様が見てくれてないと安心して泣く事は無い。


寂しくて切なくて泣いてたはずなのに、泣けた事が嬉しくなってくる。
主様ありがとうございます…と呟きながら号泣。
既におかしくなってる(苦笑)。


結局ひとしきり泣きじゃくり、嬉しくなって主様にお礼を言って着地する私。

一晩空けて今日は元気にお仕事に向かえた(笑)。



何だか・・・便利だなぁと思う(苦笑)。

まぁ、どんな物でも利用しろ!と教えて頂いているのでこれでいいか。
・・・と何だか自分がめでたくなってきた今日この頃です(笑)。


主様メールありがとうございました。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「脳内」の意味。。。。表面的なものだけだろうけれども、なんだかしっくりと意味が(少しだけ)わかった気がしました。

コメントありがとうございます。

>明日香さん。

何だかとても嬉しいコメントでした。
明日香さんの中でどんな風に「しっくり」いったのか、どんな風に
受け取ってくださったのか・・・
今度機会があれば伺わせてくださいね。>興味津々w。

何をどうしたと言うような具体的な行動が少ない関係なのでこうして
文字にしても回りくどいし、自分でもどうかと思う時もあるのだけど
逆を言えばこうした細かい「気づき」の様な物をきちんと残す事で
主様に教えて頂いた事のノートをとっている様な要素を含んでいる
つもりです。本当に些細な事が沢山日常を支えてくれたり導いて
くれたりする物だなぁと、痛感してます。

微妙な時もあるかもですが、お時間のある時にでもまたお立ち寄り
頂けたら嬉しいです♪ ありがとうございました。
プロフィール

花凜

Author:花凜
主様にお仕えする奴隷として存在するお許しを頂いています。
紆余曲折ありましたがこれからも変わらずに主様のお傍に置いて頂き続ける事を何にも代え難い目標とし、それぞれに許される僅かな非日常の中、大切な「縁」を繋ぎ続けていきたいと思います。

当ブログはリンクフリーですが、出来ましたら一声かけて頂けたら喜びます(笑)。

相互リンクについてはお知り合いを除き業者とその匂いがする方はお応えしておりませんのでご理解下さいませ。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
時の足跡。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。