FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「~したい。」

えーっと…お久しぶりです(苦笑)。このご挨拶で始まる記事もこう毎回だと
ご挨拶の意味すら為さないのではと思う今日この頃。
今年はこのまま開き直って時系列を気にせずに綴りたい事、残したい事、
忘れたくない事を書いていこうと思います。

マイペースを越えたマイルール適用ですがぼちぼち書いていきますのでお許しを。

そんなご挨拶(言い訳)はさておき>オイ、主様から頂いたメールの中で
特に印象に残った言葉のお話し。

思うように連絡が取れなかったり逢えなかったりが常の関係ではあるのだけど
それでもある程度のペースで最低限の生存確認的な繋がりは大体持たせて頂いて
いる。でもやっぱり時折そのペースが崩れる事も珍しくない訳で…
そしてある一定以上ペースが崩れると淋しくもなるし不安にもなる。
だからこそ主様にお電話のお願いをさせて頂いたりご連絡を乞う様なメールが増える。
そして主様がお時間を割いてくださってご様子をお知らせ頂いて…そしてまた私も
安心して日常のペースに戻る。

いつもそんな事の繰り返しながらずっと過ごしてきた。

そんな日々を送るある時に、また主様との連絡がままならない時期があった。
主様のお声をずっと聞いていなくて…こちらがご連絡に備えて待機出来る時間を
出来るだけ作って何度もお電話のお願いをさせて頂いていたそんな時に…

主様からの思いがけない一言に出会った。




****************************************


主様からのご連絡が途絶えるという事はそれだけ主様がご多忙だったり、何かしらに
煩わされていて時間を割いて頂けない状態と言う事なのだし…もしくは体調が
優れないとか、私にお気持ちが向かないのか…なんにしても連絡「出来ない」か
連絡「しない」という事なのだと受け止めてる。

だからこそ主様がその様な状況下にある時だったり、その様に感じていらっしゃる時に
私の寂しさや不安の為に主様のお手を煩わせてご連絡を「させて」しまう事に「申し訳
ない」という気持ちをずっと抱いていた。でもそこで申し訳ないと思いながらも
1人で過ごす不安や寂しさから主様にご連絡をお願いしてしまう自分もいて…

本来ならば私の感情や状況など関係なく主様が奴隷に連絡をしようと思う時にすれば
良いわけだし、私はただじっとその時を待ち続ければ良いんだと思う。
理屈というか理想としてはそうなんだろうとわかってる。

でも実際にはその理想を体現する事が出来ず、たまらずに主様にお願いをしてしまう
自分を申し訳なく思い、そんな私にご連絡をくださる主様に私の我が儘のために
お手を煩わせてしまい申し訳ないと思ってたし、それ以外に主様のご無事を知る手段を
持たない自分を歯がゆく思ったりもした。(今も思ってるけど)

まぁそれ以外の連絡の手段を持たないのはこうした関係なのだから仕方のない事であり
それが当たり前なんだという事ももちろん理解はしているのだけど。

そんな風に感じながらもやはりその日も主様にお電話のお願いをさせて頂いていたら
主様から久しぶりのメールが届いた。

いつも通りほんの数行の短いメール。その日に電話出来ないという事を知らせる言葉が
並ぶ。普段はお電話のお願いをしてもその「出来ない」という連絡も頂けない事が
ほとんどなのでそうしたご連絡があるだけでも嬉しい事だったりする。

だってそれは電話は出来なくてもそこには主様が私がただただ何時間も主様からの
ご連絡を待ち続けて苦しくならないようにという主様の優しさが詰まっているんだから。


でも同じ「電話は出来ない」という内容のメールでもこの日の物は違った。


「お話ししたいですね。」…とそこには書かれていた。

「~したい。」という言葉はそれを自分が受け身でするのではなく、自分が求める事、
望む事、そうした意志を表す事として用いる言葉だと認識してる。

…と言う事は…ということはですよ。  …ですよ…ねぇ?!

…ですよねっ!!!


ずっとずっと煩わせて申し訳ないと思ってばかりいた。
私がいつまでもずっと身を引かず実際に何をさせて頂く訳でもないのに、なんにもお役に
たてていないのにお仕えし続ける事が主様のご負担やご迷惑になっているんじゃないかと
ずっとずっと不安に思ってた。何かをお願いする度にそれを叶えて頂く度に主様の優しさや
お気持ちに感謝しながらも同時にまた煩わせてしまったと思ってもいた。


でもね…


「~したい」って事は私だけが望んでいる事を主様がお情けで叶えて下さっているんじゃない。
程度はどうあれ主様ご自身もそれを望んで下さっているって事なんだから。

私だけじゃない。それがどれだけ心強く大きな言葉だった事だろう。
主様が私と電話で「話したい」と思って下さっているんだ。
主様が「話したい」んだ(しつこい(苦笑))。


もちろんその「程度」ってものは色々ある訳だし「主様がお話ししたいんだから!」なんて
私が偉そうに思う訳でもない。ご連絡頂ける事への感謝の気持ちは変わらないし、お忙しい
主様のお手を煩わせてしまっている事には変わりないと思ってる。
それでもその一言はとても大きかった。

私「だけ」じゃない。


私がここにいる事、主様の奴隷でいる事、そうした全てが…
私の一方的な我が儘を押しつけてしまっているんではないという事がもの凄く大きかった。
もちろん大半はお願いしてお傍に置いて頂いているんだと言う事もわかっているんだけど…


ほんの少しでも「ここにいていいんだ」って思えた事がとても嬉しかった。


そして主様がこんなにも何も出来ない私を求めて下さった事が何よりも嬉しかった。




この先ももしかしたらずっと何も無いかもしれない。主様に射精してもらう事も無いかも
しれないし、身体に触れて頂く事も無いかもしれない。
それでもほんの数分の本当にたわいのない会話に、主様が私を求めて下さるのならば…
私はずっとずっとそれに応えていきたいし、差し出していきたい。
主様の奴隷で居続けたい。

主様が奴隷でいて良いと言い続けて下さる間はずっと。
主様が私に対して何かを「したい。」と思い続けて下さっている間はずっとずっと。


それでも私の居場所は「ここ」なんだとやっとちょっとだけ自信が持てた気がした
嬉しい一言だった。




もちろん…私の方が欲深く「もっと~したい」を山盛り抱いている事を今回はこっそり
棚に上げた事は見逃して下さい(苦笑)。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:花凜
主様にお仕えする奴隷として存在するお許しを頂いています。
紆余曲折ありましたがこれからも変わらずに主様のお傍に置いて頂き続ける事を何にも代え難い目標とし、それぞれに許される僅かな非日常の中、大切な「縁」を繋ぎ続けていきたいと思います。

当ブログはリンクフリーですが、出来ましたら一声かけて頂けたら喜びます(笑)。

相互リンクについてはお知り合いを除き業者とその匂いがする方はお応えしておりませんのでご理解下さいませ。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
時の足跡。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。