FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

包まれる…(4)


本当にマイペース更新が続いてますが最後まで書かせて頂きます。
長文が続いていますが最後までお付き合い頂けたら嬉しいです。
きっとこれで最後になる…予定ですから(滝汗;)。


さて、ここまで開催されてきた「主様触りたい放題祭り♪」ですが
途中楽しくなって妙なやる気で主様を跨ぎながらとか、力を入れた
際に主様がぴくりと動かれたりうめかれたりして「あ、ここ痛いんだな」と
思いながらぐりぐりしたりw、それはもうお休みになられている主様をよそに
限られたスペースの中で試行錯誤を繰り広げながらも楽しく嬉しい時間を
過ごさせて頂いていました。

でもやっぱりそんな幸せな時間にも終わりは来るわけで…

うつぶせになられた主様を肩から背中と順に降り足裏まで終わった時に時計を
見た。主様は寝息を立ててお休みになられている。このままそっと主様が
お目覚めになられるまでずっとマッサージを続けていたいと願ってしまう。
そっと横で自分も蹲りたいという衝動に駆られる。

でもやっぱり…

主様のご事情や先程一度お帰りになろうとされた状況を考えると…

葛藤はあった物のやはりこれは任せて頂いたのだから最後まできちんと
しなくては…と思い直して寝息を立てている主様にお声をかけた。
もうこの幸せな時間は終わりなんだ…そんな気持ちをぐっと飲み込みながら。

これで終わり…この時は本当にそう思っていたんだ。


でもそうぢゃなかった。





********************************


「主様…このままお休み頂きたいのは山々なのですが、お時間は大丈夫ですか?」

色んな感情を飲み込んでそっと主様にお声をかけた。

「んぅ…あぁ…そうだな…」

主様がゆっくりと身体を起こされ脚を伸ばし壁により掛かるように座る。

「お休みになられていたので迷ったのですが…」

「いや、もうこんな時間か…大丈夫。(起こしてくれて)良かった。」


そんな風に主様が言われた後だった。



ふっ…と主様の手が伸びた。


あろう事かその腕は私の肩を抱いたのだ。
肩を抱いて…ぐっ…と力を込めて…ご自身のお身体へ私を引き寄せて下さった。


え?とかあの?とかもうそんな一言さえあまりの戸惑いに声すら出ない。
主様の胸?お腹?の辺りに引き寄せて頂いてもあまりの出来事に自分の身体を
預けて良いのかさえわからずに力を抜けずがちがちな私(苦笑)。
そんな私を優しく笑うように主様はもう一度その腕にぐっ…と力を込めて
私の身体をご自身のお身体に埋めて下さった。


あ…良いんだ…

良いんだ。いいんだ…



その力強い腕に身を任せるように、甘えさせて頂くようにそのまま主様の
お身体に顔を埋めた。


暖かい…


ここにいていいんだ…

やっと…ここに来られたんだ…


そう思ったら急にたまらなく込み上げるように泣き出してしまった。
声を殺して…でもどうにもしゃくり上げてしまいながら…肩を…身体を
振るわせて…ただただ泣いた。暖かくて大きくて…ただ泣かせて頂いた。


身体を震わせながら泣く私をそのお身体で受け止めてその腕で包みながら…
お互いに会話のないままただ泣き続ける私の頭を何度も何度も…
それはそれは優しく…何度も主様が撫でてくださった。


私は主様に初めて身体に触れて頂いた日に、裸で土下座をする事もそのまま
頭を踏まれる事も乳房や身体を叩かれる事も全部が初めての事で何も考えられず
ただ従っていた次の瞬間にベットに横になった主様が隣に呼び寄せて下さった。
この先に、次は何をされるのかさえ考える事も出来なくなっていた私は朦朧と
したまま主様の横に。その時…初めて主様が抱き寄せて下さった。
両腕で、全身で、抱きしめて下さったのだ。それまでの行為で呆然としていた
私は何も考えられず言えず、ただただ暖かい…と感じていた時に主様が言われた。

「泣いていい。」…と。

その一言で自分でも説明のつかない感情が一気に溢れた。
でもそれと同時にそれまでの事であまりに呆然としてたのかその溢れた感情は
「涙」という形をとる事さえ出来ず…それでもしゃくり上げながら今まで経験した
事のない感情が溢れるのを感じた。

正直この時の経験があったからこそどれだけお逢いできなくても連絡が取れなくても
「脳内主従」と自ら言うほどにそうした「行為」が無くともずっと主様を信じ
お慕いし迷わずにお仕えする事が出来たのだと思う。それ位印象的な出来事だった。

その後は色々な事が起きる度に…主様とお電話でお話しする度に…もっと言ってしまえば
主様のお声を聞くだけで…何度も何度も泣いてきた。泣くと言うよりも涙が出るのだ。
声を上げて泣く事もあればただ反応するように涙が溢れる時もあった。
でもそれはお電話でのこと。主様とお食事やお茶だけをご一緒するようになってからは
もちろんお店の中で泣く訳にはいかない。お別れが本当に辛い日も必死に我慢して
帰りの電車でこらえきれずに泣いた。


そんな私だから…
泣きながら頭に浮かんでいたのは「やっと…」という言葉だけだった。



ひとしきり泣いて顔を上げ、主様に言った。

「やっと…初めて…ちゃんと主様の元で泣けました。」

「そうか…」

主様はそう優しくいいながら再び私の身体をご自身に引き寄せて下さった。
何度もその腕に力を込め、気を使って身体を起こそうとする私を何度もその腕に
包んで下さった。身体を引き寄せ、包み、そして撫でてくださった。


一体どれくらいそうした時間が続いたのか見当もつかない位、体感的には長い時間。
そして実際にも決して短くない時間、暖かい主様に包まれていた。


やっとこの場所に戻ってこれた…やっと…4年ぶりにやっと…
本当に色々な想いが溢れながら、ただただその暖かさと大きさと感触に顔を埋めた。



ミラクルだった。







しばらくの間そうした後、身支度をしてお店を出て駅へ歩く。
主様のお顔が少しすっきりされていて気になっていた目の回りをみてちょっと安心する。
(そのすっきりは眠られたせいか?という疑問はあえてスルーで(苦笑))
背中も伸びて歩かれる姿が少し軽くなられたかな…そんな風に自分の中で勝手に
嬉しい解釈(笑)。

「気持ちよかったよ」 主様が一言褒めてくださった。





またいつでも使って頂けるように…
マッサージのためだけに呼び出していただけるように…
その日が来るまでに少しでもそうした努力をさせて頂こうと思う。






今思い出しても身体がふわふわしてくる…ミラクルな時間だった。






***********************************


最後までお読み頂きありがとうございました。
エロの無い展開で申し訳ない気もしつつではありますが、私にとっては本当に
嬉しくて、この4年分位の気持ち全部が報われたような感じです。

関係性としては変わらないのだろうけど…
今は自分が主様の奴隷なのだと感じていられます。

自分の中に確実に「何か」が残ったようで…
この大切な想いをここに残させていただきました。



数回にわたる長文失礼いたしました。
お付き合いいただき感謝します。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>鍵コメさん。

きゃぁーっ、号泣とか言わないで下さいっっ(滝汗;)
でも「また」と言われると果たしてこのブログ大丈夫か?とむしろ
心配ですが…ご迷惑おかけしました(苦笑)。
でもそんな風にお心寄せてお読み下さっている方がいるのだと思うと
とても嬉しいです。どうも話しを短く文字にすることが出来ない結果
長文になってしまうので…いつもお付き合い頂いて感謝です。

鍵コメさんも癒してくれて受け止めて下さるお相手がいて羨ましい♪
「仲良し」と伺えて少し安心しました。
私も過去に事情があって1度はブログを閉じたことがあります。
それでも今こうしてお付き合い下さる方がいるブログをまた細々と
書かせていただけているのですから…色々なことがあると思いますが
今のあなたが一番お気持ちが平らになれる選択をされれば良いかと
思います。お互いのんびりとまいりましょう。

こちらこそこのブログにコメントを下さる貴重なあなたにずいぶんと
支えて頂いています。いつもありがとう。

やっと・・・

最後まで読めました。

我が家以上の『脳内』で、でも完璧な『主従』だなぁと、ただただ感心しております。


主従以外の裏のコミュニケーションも充実しているようですし、何よりですね

念願の

ようやくお目にかかる機会に恵まれて、本当にうれしかったです(*^_^*)
勝手に想像していた通り(笑)思いつめた感じの方でなかったことにも一人納得したりしましたw
またゆっくりお話させていただけたらうれしいです。
これからもよろしくお願いいたします( ´ ▽ ` )ノ

>なつこさん。

先日は久しぶりにお変わり無いご様子を拝見できて良かったです♪
ご隠居様?にも初めてお目にかかれましたしね。
お元気そうでなによりです。

表の生活でもご一緒されてるなつこさん所と「脳内」として並べちゃうのは
若干申し訳ない感じですが…(苦笑)。確かに主様と私はパートナーでは無く
主従であるのだと思っていますし、そのように他の方の目にも見えている
事は嬉しく感じられる事でもあります。

まぁお互い求めている物が違うけど、想う方と共に出来ていることは
嬉しいですよね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

>楓さん。

こちらこそ先日はお会いできて嬉しかったです♪
いらっしゃると伺っていたのでご挨拶出来ればと思って捜しちゃいましたw

そうなんですよ、リアルで私に会われた方はみんな口を揃えて「キャラが違う!」と
言われるんですよね(苦笑)。私は主様に関わる時以外はあのまんまです(^_^;
逆に主様の前や主様に関わるこの場所に来ると言葉遣いまで変わる自分が
自分自身で不思議に思いつつ、それが「主様」の存在なんだな…と思ったり。
この自分になれるのが主様の前だけなので他の場所で発露出来ない私は
主様の元を離れる事が出来ないんだと思い知ります。とりあえず楓さんに
引かれなくて一安心です(笑)。

楓さんこそ明るくてこちらまで元気をもらえたみたい。やっぱり「楽しむ」事って
大事なんだなって思いました。

こちらこそまたお目にかかれる時を楽しみにしています。
コメントありがとうございました。

いやいやいや、なんと!

こんな素敵な展開になっていたとは!!!
これは「おめでとう」というのがいいのか、いやいや「ありがとう」と言いたい。読んでいてほんわかじわじわと私まで幸せな気分になってきました。ふぅ、いいものを読ませて頂きました。

時間をかけてゆっくりと育んできたものって、急いで仕上げたものとは違う思いや価値がありますよね。とっても素敵だと思います。


先日はお越し頂きましてありがとうございました。
お目にかかる前にここを読んでいたら、ステージに上がって頂いてスピーチして頂くところでしたのに気が利かなくてごめんなさい。

久しぶりにお目にかかれて嬉しかったです。
今度ゆっくりまたどこかでお会いしたいです。

>葉月さん。

うぎゃーっ、スピーチですとっ?!
それはそれは事前にお読み頂かなくて良かったです(苦笑)。
でも「ありがとう」なんて捉えてくれるようにこの記事を読み取ってくれて
本当に嬉しいです。こちらこそ「ありがとう」です。そもそもこの長文を
ゴールまでお読み頂いただけでありがとうなんですけどね(^_^;

きっと他の方からみたら他愛もない行為なのだろうけど、そこに重ねてきた
時間や想いを振り返るとやはり私にとっては特別な物な訳で。
以前はみんなが羨ましかったり色々迷ったりしたけど、今は変わらずに
続けてきたこの関係に少し自信というか自分なりの位置を見いだせた
様な気がしています。揺らぐことはあっても離れたいとは思わないですしね。

あ、でも以前葉月さんに言われた「主様処女」をいつか脱却してみたいと
野望は忘れずに抱いていますよ(笑)。そんな日が来たら報告しに行きますw

こちらこそ先日は楽しい会にお邪魔させて頂きありがとうございました。
ずっと憧れてた会でしたが想像以上に楽しい時間を過ごさせて頂きました。
やっぱり「継続」の持てるパワーは凄いですよね♪

またビールでもご一緒出来たら嬉しいです。突然の呼びだしをまた楽しみに
お待ちしております(笑)。
プロフィール

花凜

Author:花凜
主様にお仕えする奴隷として存在するお許しを頂いています。
紆余曲折ありましたがこれからも変わらずに主様のお傍に置いて頂き続ける事を何にも代え難い目標とし、それぞれに許される僅かな非日常の中、大切な「縁」を繋ぎ続けていきたいと思います。

当ブログはリンクフリーですが、出来ましたら一声かけて頂けたら喜びます(笑)。

相互リンクについてはお知り合いを除き業者とその匂いがする方はお応えしておりませんのでご理解下さいませ。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
時の足跡。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。